カウンセリング期間の長・短に関わらず、私が一番大切にしている事は・・・

カウンセリング終了後、いかに~

    『相談者の方が、納得され、笑顔になられているか?』

そして、新しい道を歩み始められた後も、

      何かあれば、フォローをさせて頂く事ができるか?』なのです。

言うまでもなく、相談者の方と私の間に、必要不可欠なのは

      『信頼・信用ですが~

私の真価が問われるのは・・・

        相談者の方から”貴重なカウンセリング料金”を頂いた後だと思うのです。

       『納得して前を向き、幸せになって頂く』

モットーにしている私にとっては、

        『相談者様からの生の声』

                        ほど、貴重な宝物はありません。

 ☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

 

【京都在住、A子さん(当時48歳)】手紙

こんにちは。

その節は、大変お世話になりました。

おかげさまで、毎日、新しい仕事で、忙しくしております。

思い返せば、本多さんには、

モラハラからの脱却をさせていただきました。

当時は、自分が、モラハラの被害者であるなんて、思いもしませんでした。

でも、少しずつ、「私は、悪くない・・・」と思えるようになり、主人への思い

整理できるようになりました。

弁護士選びにも、お付き合いいただき、感謝しております。

ただ、「上から目線で、頭ごなしに、強い口調で言われる」と、

主人との関係を思い出し、萎縮してしまい・・・

弁護士の先生に、自分の素直な思いを伝える事が、出来なかった私でした・・・

なので、8回の調停に付き添い、弁護士の先生に、時には私の気持ちを代弁してくださった、本多さんには、本当に助けて頂きました。

くじけそうになった時は、マイナス思考をプラス思考に変え下さいましたよね・・・

とにかく、自分自身を閉じ込めてきた私にとっては、調停・弁護士の先生とのやりとりなど、全てが、苦手で、苦痛でした・・・

おかげ様で、離婚でき、主人から解放された今の生活は、とても充実しております。

どうぞ、これからも、私のようなモラハラで苦しんでいらしゃる方々のサポートをしてあげてください。

また、近いうちにお目にかかりたく思っています。

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

 

【姫路市在住 B子さん(当時40歳)】

手紙

こんにちは(^ ^)/

 お元気ですか?

 

こちらはやっと離婚が成立し、今は私と娘の苗字変更にかかわる書類の提出で、役所、家裁、警察、銀行、仕事の取引先、不動産屋。。。などなど、あっちこっち走り回っています。

 

めっちゃ忙しいですが、気分は爽快です!

 

夫がモラハラかもしれないということを、知人から教えてもらい、自分で調べてみたものの、当てはまる部分もあれば、当てはまらない部分もあり、人のブログを読むと、「うちはここまで酷くない。。。私の忍耐力の問題かも。」と、自分ではとても判断が難しかったです。

 

そのうち、ひどく攻撃されると、「早く死んでほしい」と思うようになり、そのあと必ず来る、超優しい時期になると、死んでほしいと思った自分が嫌になりの繰り返しで、徐々に、自分のことが嫌いになっていくのが苦しくてたまりませんでした。

 

あの時、本多さんに会えて、本当によかったです!

 

 まず、自分ではできなかった判断、夫はモラハラだということを、しっかり私に教えてくださいました。 それがわかってからも、心が揺らぐ私を、とてもわかりやすい言葉でしっかり支えてくれ、長年のモラ夫からの洗脳を、徐々に解いていってくださいました。

 

 夫が脅迫容疑で逮捕された夜、刑事弁護士からも、義父からも、

 「明日朝一番に検察庁へ行くと、10日間の拘留が決定してしまうから、今晩中に被害届を取り下げてくれ」

 と電話がかかり、夜中にもかかわらず、弁護士さんを探してくれたり、動揺して冷静な判断ができなくなっている私を、しっかり支えてくれました。

 

 弁護士さんが決まってからも、夫のストーカー的な行動や、義父母からの攻撃があり、夜や土日などは、本多さんにしょっちゅう連絡していました。

 やはり、最初から時間をかけてしっかり話を聞いてもらっているので、伝わりやすいし、私の性格も、夫側の状況も深くわかってくれているので、精神的なケアは完全に本多さんに頼りきっていましたね。

 でも、それが本当によかったと思います。

 

実務的なことは弁護士さん、私の心のケアは本多さん、二人のスペシャリストのおかげで、娘と二人、救われました。

 あと、ちゃんとわかってくれる友達も凄く支えになってくれました。

 

でも、このモラハラというのは、ちゃんとわかってくれる人は本当に少ないです。

 

相談することで、余計に自分が傷ついてしまうことが多いです。

 

なので、身内でも、友達でも、相談するときは慎重にならないといけません。

 さらっと話して、「我慢」を勧められるようであれば、その人にはもう話さない方がいいと思います。

 警察や役所に同行して、助けて下さい!って一緒に言ってくれるような人は頼りになりますね。

 

 もしあの時、本多さんがいなければ、元の生活に戻され、更にひどい状況から、今度は抜け出せないという状態になっていたんだと思います。

 

 本当にありがとうございましたm(_ _)m

 自分の家で、こんなにも安らげる日が来るなんて、思いもしなかったです。

 

 大げさに聞こえると思いますが、本当に命の恩人だと思っています。

 絶対に恩返ししたいので、私にできることがあれば、なんでも言ってください。

 

心から感謝しています。

★岡野あつこの養成講座★

TV/雑誌で「夫婦問題研究家」として活躍されている

岡野あつこが校長を務める

≪企業の方≫はコチラへ